>> 産地レポート一覧


2018年 7月24-27日視察
 


今年も行ってきました。

 

今回は、旭川空港から美瑛町,南富良野町,新得町,黒松内町と視察に伺いました。
今年の北海道は、春先から7月中旬にかけて気温が上がらず
生育がやや遅れているようです。


絶好の視察日和となりました。
昨年より取り扱いを始めました南富良野町のレラノカオリ圃場
順調に生育、受粉も進んでいるようです。
一部雑草に負けている圃場もありました。


新得町の蕎麦の圃場です。

播種が一週間遅かったのが下の写真です。
↓  ↓  ↓

今年の北海道はこのような状況が多いようです。



THE北海道という風景
南富良野から新得町へと向かう途中、
左が狩勝峠からの広大な景色、どこまでも続く直線道路。
さすが北海道は広い。



7月26日札幌から黒松内町へ向かう途中、
昨年も視察に伺いましたニセコ町の羊蹄山をバックにした圃場、
ここも日照不足の影響からか生育が今一つのようです。



そして、黒松内町アルプスファームへ伺いました。
例年ですとそばの花真っ盛りなのですが、
低温、日照不足の影響は避けられないようでした。
それでも他の圃場に比べると良い方だと思いました。



遠目で見ると花盛りで良く見えるのですが、
近くに行く斜面下部と茎は細く枝の色も赤づんおりました。
斜面上部は、比較的順調のようです。




今回は、秋田県羽後町の農業生産法人そば研の皆様も視察に参加致しまた。
左から生産者の須田さん、弊社曳田、そば研の藤原さん、
弊社会長の石森、生産者の斎藤さん皆さんです。
今後のそば栽培に活かしていただければと思います。



生育の悪かった約3割程度の圃場は蒔き直しをしていました。



「天候だけはどうにもできないよ。
例年に比べると確かに良くはないけど、
ほかの産地の比べればうちはいい方だと思うよ。

土壌をしっかり管理しているから品質は良いと思う。
今後の天候にもよるけど収穫量もそれなりのあると思うよ。」
と落合社長語っておりました。

何とか高品質なそばの実が収穫できる事を祈るばかりです。



▲ページTOPへ       

産地レポートTOPへ


▲石森製粉HOME