▲石森製粉HOME
中国産原料使用再開のお知らせ

お得意様 各位
                                          2008年12月吉日
                                          石森製粉株式会社

拝啓 向寒の砌、皆々様方にはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
また平素より、格別のお引き立てにあずかり厚く御礼申し上げます。

  さて、弊社では平成18年10月より、中国原料の品質・安全面の不安から、中国原料の使用を一時中止して参りました。その後2年の間に両国の検査体制の充実、流通等の整備改善が計られて参りましたこと、既に御承知の通りであります。

これらを受け、弊社では中国側輸出商社並びに日本側豊通食料鞄aのご協力をいただきながら、中国内蒙古東部地区の赤峰周辺に於いて玄蕎麦の契約栽培を実施いたしました。

契約栽培の方式は産地指定、生産者農家の指定、保管物流の分離というものであり、播種より収穫までの生産記録も整備してございます。

また検査体制面においては、中国国内に於いての輸出前検査、貨物の日本到着後には厚生労働省による残留農薬検査及び、豊通食料鰍ノおける507項目もの自主検査を実施しており、安心・安全について十二分に担保されておるものと考えております。


 弊社では明年1月よりの2008年度産中国原料の使用再開を考えておりますが、今後も引き続き万全の管理体制をひき、さらなる品質の向上、安全性の確保に向けて努力をして参る所存でございますので、何卒ご理解を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

                                                 敬 具

ご参考資料
石森製粉株式会社契約栽培地 契約栽培管理表

(クリックすると詳細がご覧頂けます)
▲石森製粉HOME